弱視

弱視とは、視力の発達する時期に、眼の病気・異常・けがなどによって視力の発達を妨げられたために、メガネをかけても視力が1.0出ない状態です。3歳児検診や就学時健診で、視力低下を指摘された場合には、弱視の疑いがありますので、早めに受診されたほうがいいでしょう。
copyright© 2009 弥生病院眼科検査 All Rights Reserved
こんな症状がありませんか?

* 近付いて物を見る
* 眼を細めて見る
* 飽きやすい
    
  
 
これらの症状があれば、遠視や乱視の可能性があります。一度眼科を受診されることをおすすめします。

当院では、詳しい視力検査ののち、必要があればメガネを処方し、訓練や定期検査を行っています。
もし遠視や乱視による弱視があった場合、早めに治療しなければ、視力の出ない眼になってしまいます。
弱視は、
早期発見・早期治療が大切です。気になる症状があるときは、眼科を受診しましょう。

眼科検査トップへ戻る

目をぬってね!!

家庭訓練(めいろ)

うつし絵訓練中