放射線技術部で行われている検査
胸部や骨など、X線を用いて撮影する、いわゆる「レントゲン写真」の事です。
体のある断面にピントを合わせてX線写真を撮る検査です。
この検査は、
一般撮影検査ではわかりづらい病変をより詳しく見たいときなどに行います。
X線とコンピューターを使い体を切ったりすることなく、頭部から足部まで全身のあらゆる部位の輪切り像を撮る検査です。
強い磁石と電波を使って、体の断層像を撮影します。
体を切ったりすることなく、縦、横、斜めなど色々な方向から断面像を撮影することが出来ます。
エネルギーの異なる2種類のX線を用いて骨密度を測り、骨の強さを調べます。
つまり、
骨粗鬆症について調べる為の検査です。
メタボリックシンドロームの危険度を知る検査です。
皮下脂肪、内臓脂肪がどれくらいあるかCTを使って検査します。
X線テレビを用いて病巣や異物の位置関係、造影剤の追跡、また、骨折、脱臼の整復など検査部位の動的な観察を行います。
単純X線撮影では写らない血管系を、造影剤を使って描出させる検査です。

主に下記の検査を行っています。
詳しい説明は検査項目をクリックしてください。