臨床検査部で実施している検査
主に下記の検査を行っています。
一般検査

血液以外の臨床検査材料を扱う検査です。
扱う材料により尿検査、糞便検査、髄液検査、体腔液検査などに分けられます。

・尿検査
 腎・尿路系障害、肝・胆道系障害、糖尿病などのスクリーニング(ふるい分け)として、
 尿中の蛋白、糖、潜血、PH、ケトン体、ビリルビン、ウロビリノーゲンなどを調べる検査です。
 他に、遠心分離をして尿中の細胞や細菌などの有形成分を調べる尿沈渣という検査もあります。

・糞便検査
 寄生虫症の診断として虫卵の有無や、大腸癌のスクリーニングなどに用いられる消化器官からの
 出血の有無を調べる検査です。

・髄液検査

 髄膜炎、くも膜下出血などが疑われる時に、髄液中の蛋白、糖、細胞数や種類を調べる検査です。

・体腔液検査
 関節液、胸水、腹水など病的に溜まった体腔液を調べる検査です。

血液検査

採取した血液から病状などを調べる検査です。

・血球数算定検査・形態検査
 血球(赤血球・白血球)、血色素、血小板などの数や形態などから、貧血や炎症の有無を調べる検査
 です。

・凝固検査
 血液の凝固因子から出血傾向の有無を調べる検査です。

生化学検査

採取した血液を遠心分離することで得られた血清(血漿)を自動分析装置などで科学的に分析する検査を
行っています。
肝臓・腎臓などの臓器の状態や脂質、糖代謝などを調べ、疾患の診断、治療状況の把握をします。

・肝臓の検査
 AST、ALT、γ-GTPなど

・腎臓の検査
 尿素窒素、クレアチニンなど

・脂質検査
 コレステロール、HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪など

・糖代謝の検査
 血糖、ヘモグロビンA1cなど

これらの検査について、患者様の症状に応じて項目を組み合わせて検査を行っています。

免疫学的検査

生化学検査と同様に血清を用い、免疫反応で生じる抗体の有無や量を分析する検査です。B型肝炎、
C型肝炎や梅毒などの検査を行っています。

輸血検査

安全な輸血を行うための検査として、血液型、不規則抗体スクリーニング、交差適合試験などを行って
います。

生理検査

生体の機能(循環器・呼吸器・神経など)について、専用の機器を用い検査を行っています。

循環器系の検査
 心臓・血管の状態を波形から調べる検査で、心電図、血管脈波検査などがあります。

・心電図(負荷心電図、ホルター心電図)
 不整脈・狭心症・心筋梗塞などの診断に用いられる検査です。

・血管脈波検査
 血管の動脈硬化・閉塞状態を調べる検査です。


呼吸器系の検査
・肺(呼吸)機能検査
 肺の中の空気量や吐き出す強さから、肺の状態を調べることで肺機能障害や手術適応の判定に用い
 られる検査です。


神経系の検査
 波形から脳や神経の状態を調べる検査で脳波、誘発神経伝導速度検査などがあります。

・脳波
 てんかん、脳炎、脳血管障害等の診断に用いられる検査です。

・誘発神経伝導速度
 神経の伝導速度から末梢神経障害の有無を調べる検査です。


[戻る]